シアター風姿花伝 演劇に、はぐくむ場を。

シアター風姿花伝 演劇に、はぐくむ場を。

公演案内


klein="mb20"

風姿花伝プロデュース Vol.7

ミセス・クライン

12月4日(金)~20日(日)

第二次世界大戦前のロンドン。 三人のユダヤ人、精神分析家。 息子を失った母。 弟を亡くした姉。 娘をベルリンに置いてきた母。 一人の男の死に際し、三人の女たちが互いの精神活動を分析、衝突していくうちに理論を越えた人間の姿を呈していく——— 風姿花伝プロデュースでは初めて実在の人物を取り上げた作品を上演します。フロイトに影響を受け精神分析の世界に入り、革新的な理論を展開して学会に多大な影響を与えたメラニー・クライン(1882~1960年)をモデルに書かれた戯曲です。 彼女は初めて幼児の精神分析を行い、自分の娘と息子をも研究対象としましたが、後に同じく精神分析家になった娘のメリッタは母親の理論に異を唱えて激しく対立しました。

 
ニコラス・ライト
演出
上村聡史
出演
那須佐代子、伊勢佳世、占部房子
サイト
http://www.fuusikaden.com/klein/

utsutsunosikaku="mb20"

うつつのしかく第二回公演

半神

12月25日(金)~27日(日)

うつつのしかくは、秋草瑠衣子と白倉裕二によるプロデュース演劇ユニット。昨年7月に野田秀樹の戯曲「怪盗乱魔」で旗揚げした本団体は、今回野田が原作者の萩尾望都と共同で脚本を手がけた「半神」に挑む。

 
萩尾望都、野田秀樹
演出
秋草瑠衣子
出演
石川詩織、広山詞葉、加瀬澤拓未(劇団献身)、畑中実(ミラクルパッションズ)、山森信太郎(髭亀鶴)、大原万由子、中村亮太、参川剛史、真崎ゆか(PUNKBANK)、秋草瑠衣子(PUNKBANK)、白倉裕二
サイト
https://utsutsunoshikaku.webnode.jp/

cedar

CEDAR Produce vol.6

『わが友ヒットラー』

1月16日(土)~24日(日)

アドルフ・ヒットラーが政権を獲得した翌年におこした突撃隊粛清(レーム事件)を基にした作品。 三島由紀夫の代表作『サド侯爵夫人』を書いた時から、これと対をなす作品を書きたいという芽 生えから18世紀の怪物マルキ・ド・サドに対して、20世紀の怪物ヒットラーを中心に描く。ヒットラ ーに厚い友情を抱いているナチスの私兵・突撃隊幕僚長のエルンスト・レームと全体主義の移行 のために「中道」姿勢を国民に見せておく必要から極右のレーム処分を考えるヒトラーを中心に描 いている。血で血を洗う政治劇を優雅なアレクサンドランにのせて書き、「究極の美意識」で悪を 正当化しようとした、背徳と狂気に満ちた圧巻の舞台。

 
三島由紀夫
演出
松森望宏
出演
谷佳樹、栗山航、桧山征翔、大久保祥太郎
サイト
https://www.cedar-produce.com/

終夜 劇場利用 風姿花伝プロジェクト