シアター風姿花伝 演劇に、はぐくむ場を。

シアター風姿花伝 演劇に、はぐくむ場を。

公演案内

kakushinhan.class="mb20"

カクシンハン・スタジオ公演

『ジュリアス・シーザー』

2月29日(土)~3月1日(日)

民衆から熱狂的な支持を得るシーザー。
その圧倒的な権力を恐れたキャシアスらは、市民から厚い信頼を得ているブルータスを誘い、シーザーの暗殺を決行するが...
アントニーの演説により、民衆の心は翻り、暗殺者らの粛清を求め暴徒と化す。 そして、ローマの支配権をめぐる戦争が始まる...

「お前もか、ブルータス」で有名な『ジュリアス・シーザー』は、他人を行動に導く力強い言葉で溢れています
。日頃、あまり意識することのない「言葉の力」を体感してみてください。それは、現代社会でどう生きるかを考えることにもつながります。私たちの行動も変わるかも!?

W・シェイクスピア
翻訳
松岡和子
演出
木村龍之介
出演
五十畑奏、植田廉平、菊池友美、黒田和宏、都田かほ、橋本芙由子、長谷川晶子、はたけタイガ、東山竜彦、北條慶、細川聖加、眉村侑季、未奈、柳本璃音、吉岡朋子
サイト
http://kakushinhan.org/

chudai.class="mb20"

中央大学第二演劇研究会2019年度卒業公演

『ボンビクス・モリの回顧』

3月5日(木)~3月8日(日)

季節は冬。かつて養蚕業で栄えた名家は、今ではもう見る影も無く、先日当主が亡くなったせいか、気温以上に冷え込んでるように思われた。
初雪の夜、国税局を名乗る⻘年たちが現れる。
「突然の訪問失礼します。」
「我々は、国税局調査部の人間です。」
「匿名の告発を受け、遺産に関する調査で参りました。」
時間は巻き戻り数ヶ月前、オチョペチョ語を話す貧困⻘年達の許に“教授”を名乗る男が現れる。
「君たち、“何者”かになりたくはないか?」 国税局とは真っ赤な嘘で、オチョペチョ語話者の彼らは地面師詐欺を名家の連中に仕掛ける。
これは彼らによる家盗りの物語、若しくは誰かの怒りの物語、若しくは蚕が“羽化“するまでの物語。
---祈り、或いは祝福の鐘が鳴り響く---

作・演出
浦﨑智之
出演
     
サイト
http://nigeki.jp//

ishimaru.class="mb20"

Theatre Polyphonic 第7回公演

「秋元松代の世界」

3月19日(木)~3月22日(日)

「秋元松代の世界」
Vol.1 戦後を生きる庶民たち〜朗読劇上演
『婚期』
『虎の尾』
『ことづけ』

秋元松代
演出
石丸さち子
出演
月影 瞳、山本 直寬、百名 ヒロキ、一色 洋平、南谷 朝子、竹中 友紀子、原 広実、鷹野 梨恵子、上村 正子、那木 慧、丸山 雄也 、堀文明  
サイト
https://polypho.wixsite.com/akimoto

終夜 劇場利用 風姿花伝プロジェクト