シアター風姿花伝 演劇に、はぐくむ場を。

シアター風姿花伝 演劇に、はぐくむ場を。

公演案内

cader.class="mb20"

CEDAR Produce vol.5

『悪霊』

1月23日(木)~1月29日(水)

1869年にモスクワで起きた過激派グループ内の殺害事件「ネチャーエフ事件」。
革命家たちの悲劇の物語を題材として、『悪霊』は執筆されました。結束を図るために脱退者を殺害したこの事件を元に、ドストエフスキーが無神論的革命思想の成立過程およびその影響について探求した世界を代表する傑作です。

強烈な個性を与えられた登場人物たちは、多くの謎を孕ませながら悲劇への道を突き進んでいく。
ドストエフスキーらしい「ロシア的」なものを聖書に出てくる悪霊にとりつかれた豚になぞらえて、悲劇的な過渡期のロシアと無神論が織りなす物語は圧巻です。

フョードル・ドストエフスキー、アルベール・カミュ
演出
松森望宏
出演
三津谷亮、伊藤寧々、桧山征翔、清水優、七味まゆ味、市原朋彦、前田一世、岩田華怜(友情出演)、円地晶子、宮地大介、今井聡、澤崎裕昭、尾尻征大、銀ゲンタ、渡辺優美、大西一希、十代修介、奥中椋、松浦尚久
サイト
https://nozomi0210jp.wixsite.com/cedar

kowappa.class="mb20"

こわっぱちゃん家 本公演

『-127birth』

2月6日(木)~2月9日(日)

大人だよ。
大人だけど、大人になるってなんなのかな?

女はいいよな。
妊娠して、出産して、
この子の為に苦しんであげることができるから。

俺は…それをしてあげることができないんだ。

俺はさ、俺はいったいどのタイミングから
父親になれるのかな?

これは君が産まれて...

トクダタクマ
演出
トクダタクマ
出演
瀧啓祐、トクダタクマ、卯木祐矢、大瀬さゆり、加藤美帆、金井愛、雅野友里恵、神原晶、熊坂真帆、田中愛実、晴森みき、鳴海真奈美、山田梨佳、他
サイト
https://co-wappa.jimdofree.com/

spieleit.class="mb20"

演劇制作プロジェクトSpielEit

『Navigate』

2月12日(水)~2月16日(日)

現在流行として老若男女に広がっているもの。
『バーチャル世界』
そしてバーチャルの世界は現実世界の人々が踏み込めないものとされてきた。
そんな中、現実とバーチャルの境目を無くし入り込むことができるアトラクション(ショー)が生まれる。
ショーを生み出したのは「バーチャル情報局」
そこには観客の中からランダムに参加者が選ばれ、選ばれなかったものはその参加者の様子を窺い知ることができる。
どちらがバーチャルでどちらが現実なのか?
そして観客が帰る頃最初と同じ光景が目の前にあるのか?
観客参加型公演。

作・演出
咲来直樹
出演
深瀬みき、ミランダ沙織、泉キリア、冨樫結菜、山崎明美、長谷川貴大、板羽紀徹、長谷川愛美、小泉充裕、ヒラザワタケル、城間輝、名前はまだない、大滝鷹也
サイト
https://spieleit.wixsite.com/spieleitofficial

kakushinhan.class="mb20"

カクシンハン・スタジオ公演

『ジュリアス・シーザー』

2月29日(土)~3月1日(日)

民衆から熱狂的な支持を得るシーザー。
その圧倒的な権力を恐れたキャシアスらは、市民から厚い信頼を得ているブルータスを誘い、シーザーの暗殺を決行するが...
アントニーの演説により、民衆の心は翻り、暗殺者らの粛清を求め暴徒と化す。 そして、ローマの支配権をめぐる戦争が始まる...

「お前もか、ブルータス」で有名な『ジュリアス・シーザー』は、他人を行動に導く力強い言葉で溢れています
。日頃、あまり意識することのない「言葉の力」を体感してみてください。それは、現代社会でどう生きるかを考えることにもつながります。私たちの行動も変わるかも!?

W・シェイクスピア
翻訳
松岡和子
演出
木村龍之介
出演
五十畑奏、植田廉平、菊池友美、黒田和宏、都田かほ、橋本芙由子、長谷川晶子、はたけタイガ、東山竜彦、北條慶、細川聖加、眉村侑季、未奈、柳本璃音、吉岡朋子
サイト
http://kakushinhan.org/

終夜 劇場利用 風姿花伝プロジェクト